So-net無料ブログ作成

投資に付いて、

外国為替証拠金取引の経験がない方が相場の要を見つけるには初めに実戦を重ねていく事が不可欠です。

とりわけ、事前にリスクを察知できるようにするようになるには、負けをすることも重要です。

ただし、失敗するといっても、命取りとなるほど決定的な損をする事は問題外です。

取り返しが付く過ちを幾度か実践する事が、結果的に己の経験値を高めてくれるはずだ。

この考えではまずはわずかな額でトレードを行ない、それで数度小さな失敗をすることを推奨します。

例として、100万円しか投資に回すお金のない方が、いきなり100万円を全て投じて売り買いすると、負けた時今後取り返せない危険性があります。

それよりは、ひとつの例として10%ずつ分けて売買してそれで買ったり負けたりを体験した方が、少しずつ失敗を減らす技術なども学習していくはずです。

まずはじめにわずかなお金で取引する事の良い点は、先に書いたように自分自身の実戦を増やし、負けを管理する手段を覚える事にありますがそれと一緒に、売り買いの回数を重ねる事でリスクを減らす事ができるという良い点もあります。

仮に、1回の注文で儲けられる可能性が二分の一だとします。

すなわち、同じく5割の確率で損が生じるリスクもあります。

勝率50%ということは2回に1回の率で勝利できる事を意味しています。

だが、全ての投資資金をつぎ込んで1回のみの取引をするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになります。

これでは賭博と同じです。

結局のところ、全てのお金を投じて1回のみしか売買しないとそれだけ損失が生じるリスクが高まってしまいます。

それだけに、お金を1度にすべて使うのではなく、少額ずつ分けて、投資回数を増やす事がリスク分散となる。

だからといって数回に分けたとしても、すべての取引で勝つ必要はありません。

と言うよりは、全部は勝てないのが現実です。

投資で重要なのは勝つ確率ではなく、いかにプラスに出来るかです。

勝率5割でも5割以下でも利益を出す事は出来ます。

それ以上負けても損が少しであれば、少ない勝利の儲けで上手に稼げます。

それには、損失を小さく、利益を大きくを心がけることです。

損したら素早く損切り注文して、勝った時は大きく稼ぐ事が外為取引をはじめたばかりの方が外国為替証拠金取引で利益を上げる神髄です。





掃除機 人気 ランキング 2015

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。