So-net無料ブログ作成
検索選択

どのような健康がいいのか

"

一歩ずつ自分らしく 精神科、長期入院後の生活 退院した60代男性



心を病んだ人や認知症の人などが入院する精神科病院。

32万人を超す人が入院しており、3人に1人は5年以上の長期入院です。

...
1月30日(金) 5時30分-ライフ総合(朝日新聞デジタル)






「香港4大悪役」のホー・カークイが逝去、「プリズン・オン・ファイアー」などに出演―香港 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000003-asahik-life

 心を病んだ人や認知症の人などが入院する精神科病院。

32万人を超す人が入院しており、3人に1人は5年以上の長期入院です。

長い入院生活は本人の暮らしに何をもたらすのでしょうか。

統合失調症と診断され、30年の長きにわたって入院していた男性がいます。

「自由にテレビを見られる」「好きなものを食べられる」。

退院してアパートで静かに語る「幸せ」の実感は、ささやかな日常生活のなかにありました。

 ■好きな物を食べて「うれしい」/渋谷歩きたい さいたま市にある2階建ての古いアパート。

部屋のドアをノックすると、中島徹さん(64)が顔を出した。

……本文:2,226文字この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。









"

東北沢に高齢者向け宅配弁当「ライフデリ」-介護施設のニーズも発掘 /東京 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000047-minkei-l13

 東北沢に1月16日、高齢者向け宅配弁当の「ライフデリ世田谷店」(世田谷区北沢4、TEL 03-6407-9808)がオープンした。

(下北沢経済新聞)「普通食」メニュー例 全国に展開するライフデリ(グランフーズ)のFC店として、アルテック・グローバル・ライフ(港区)が経営する。

世田谷区へは初の出店となり、配達エリアは区内全域をカバー。

個人宅のほか、介護施設や障害者支援施設、幼稚園、学童保育でのまとまったニーズにも対応する。

池田正悟社長は「オープン2週間で、すでに複数の施設から問い合わせがある」と話す。

施設内の給食施設が休みとなる週末のみ弁当を届けるなど、個別事情にも対応する。

 弁当の献立は同チェーン本部の管理栄養士が立案。

700種類を超えるメニューの中から、1カ月ごとに献立表を作成している。

高齢者以外にも提供する「普通食」をはじめ、糖尿病患者のための「カロリー調整食」、透析治療中の栄養バランスに配慮した「透析食」、飲み下しが困難な方に向けた「ムース食」などを提供する。

国内工場で集中調理されたメニューを、店内の調理場で盛り付けし配達している。

 同チェーンでは全国の契約農家から全量買い取りで野菜を仕入れており、これによって食材の安全確保やコストダウンを実現しているという。

1食あたりの価格は「普通食(昼・夜)」のおかずのみが513円、ごはんセットで563円。

「カロリー調整食(昼・夜)」のおかずのみが718円、フルセット(汁物付き)で790円。

「透析食(昼・夜)」のおかずのみが800円、フルセットで872円など。

 一人暮らしの高齢者とその家族には、日々の宅配時に安否確認も行う。

世田谷区出身の池田社長は、東北沢にオープンした背景を「地元への恩返しの意味もあった」と話す。

手渡しで直接弁当を届けることで、高齢者や家族の安心につなげたいと考えている。

「今後は配達用の電気自動車を新しく導入予定。

さらに多くの需要に応えたい」とも。

 営業時間は9時~18時。

1月1日~3日は定休。

バストアップラボ

わしの日記について

"

ルネサス、15年3月期は初の黒字へ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00000069-jijc-biz

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクス <6723> は28日、2014年4~12月期の連結純利益見通しを730億円(従来予想461億円)に上方修正した。

事業構造改革の効果が表れ、円安も追い風となった。

自動車向け半導体の販売も好調だ。

これにより15年3月期の純損益は、発足5年で初の通期黒字を達成する公算が大きくなった。

 









"

自動車8社、国内生産2年ぶりプラス 軽の好調が増税影響はね返す 輸出は前年割れ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00000580-san-bus_all

 国内自動車大手8社が28日発表した平成26年の国内生産は合計で前年比1.2%増の921万8375台となった。

前年実績を上回るのは2年ぶり。

消費税増税後の販売の落ち込みでトヨタ自動車や日産自動車など3社が前年割れだったが、需要が堅調だった軽自動車の猛烈な販売競争が台数を押し上げた。

北米などの好調で海外生産も伸び、8社合計の世界生産は2640万7323台と3年連続で過去最高を更新した。

 昨年の軽市場は8年ぶりに首位を奪還したスズキと前年首位のダイハツ工業が激しいトップ争いを繰り広げた。

年末まで「在庫を出し尽くす勢い」(販売店関係者)で総力戦を繰り広げた結果、国内生産が上積みされ、販売台数は両社ともに過去最高を更新した。

 ただ、軽を除く登録車メーカーは増税後の販売低迷が長引いたほか、需要地に近い海外での生産拡大の影響で、日産が8.7%減となるなど国内生産は落ち込んだ。

海外への輸出も8社合計で4.9%減の412万2545台と、2年連続で前年割れとなった。

 一方、海外生産は、6社が過去最高を記録した。

8社合計でも4.5%増の1718万8948台と伸び、生産の海外シフトが進んだ。

 世界生産は、トヨタが、ダイハツと日野自動車を含むグループ合計で1.7%増の1028万5546台と2年連続の1千万台超えとなったほか、スズキは初の300万台超えなど6社が過去最高を記録した。

引越し 岡山 大阪

今年の日記は楽しい

"

「飲酒運転」に常習性あり! 悲惨事故を招いたドライバーへの判決は? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000335-oric-ind

 減少傾向にあるものの、未だ根絶には至っていない「飲酒運転事故」。

悲しいことに、実は常習性があるといわれている。

判断を誤ったドライバーは、どのような結果を招いたのか? 今回は、常習的に飲酒運転をしていた男性ドライバーの事例を紹介する。

【飲酒運転事故】任意保険はなぜ大事!? 斟酌事由となった判決事例■職場の忘年会で飲酒し、歩行者5人を跳ね飛ばした――危険運転致死罪・懲役15年<事故内容> 2002年12月8日、千葉県松戸市で行われた職場の忘年会と二次会で、ある男性が泥酔。

仮眠をとった後も酔いは回り、目の前がぼやけていた。

タクシーで1000円程度の距離に自宅があるものの、「翌朝の通勤時に車がないと不便」という理由で運転。

すぐに居眠りし、時速50~55キロで道路を走行中に左側の路側帯にはみ出し、歩行者5人を跳ね飛ばして死亡させた。

<判決> ドライバーには常習的に飲酒運転をしていた形跡があり、過去に酒酔い運転で摘発され、免許取消や免許停止の処分を受けたことがあった。

交通規範意識の低さを徹底して矯正させるだけでなく、「被害者の冥福を祈る贖罪の日々を最大限長期にわたって送らせるのが相当である」(判決文)として、危険運転致死罪の最高刑にあたる懲役15年の判決が言い渡された。

■6時間半飲酒。

歩道に突っ込み高校生が犠牲に――危険運転致死傷罪・懲役20年<事故内容> 2005年5月21日午後9時頃から6時間半にわたり、宮城県多賀城市で飲食店をはしごし、生ビールや焼酎の水割りなどを飲んでいた男性が、帰宅するため大型のRV車を運転。

急減速や急加速、蛇行、信号無視などを繰り返して居眠り状態に陥り、赤信号の交差点に時速約60キロで進入。

横断歩道の手前で停まっていた乗用車に衝突して歩道に突っ込み、学校行事で道路を横断していた高校生3人が死亡、15人が重軽傷を負った。

<判決> 冒頭の事例と同様、この男性も以前、飲酒後に居眠り運転をして事故を起こしたことがあった。

裁判では、弁護側が「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態にはなく、その認識もなかった」と主張し、危険運転致死傷罪の成立を争ったが、退けられて懲役20年という判決が下された。

 また、この事故を起こした車両は、任意保険に入っていなかったため、「十分な賠償が行われる望みもない」(判決文)とされた。

強制の自賠責保険だけではなく、任意保険や関連特約など適切なものへ加入しておくことの大切さが示されているといえるだろう。

制作協力/株式会社マイト









"

仙台ひき逃げ>24歳男と少年を逮捕へ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000018-khks-soci

  東署によると、男が運転していたとされる乗用車が赤信号を無視して交差点に進入、市道から右折してきたタクシーと衝突した後、福来さんをはねた。

プラド 値引き 2015

わしの日記について

"

仙台ひき逃げ>24歳男と少年を逮捕へ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000018-khks-soci

  仙台市宮城野区の国道45号で22日未明、飲食店従業員福来祐子さん(60)=宮城野区福田町=が乗用車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、仙台東署は27日、ひき逃げなどの疑いで、無職の男(24)=住所不詳=と、無職少年(19)=多賀城市=の2人を逮捕する方針を固めた。

【第一報】車にはねられ女性死亡 ひき逃げで捜査・仙台





"

<仙台ひき逃げ>24歳男と少年を逮捕へ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000018-khks-soci

  捜査関係者によると、無職の男は22日午前3時15分ごろ、宮城野区福田町1丁目の国道45号交差点で車を運転し、横断歩道を歩いていた福来さんをはね、救護措置を取らず現場から逃走した疑いが持たれている。

少年は、男が無免許と知りながら乗用車を提供した疑いがあるという。

セレナ 値引き 2015

どのような日記が欲しいか

"









"

いわきに大熊の交流拠点 町運営初の常設サロン http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00010008-minyu-l07

 大熊町の町民交流施設「梨の実サロン 平」が25日、いわき市平に開所した。

同市には町民4000人が避難しており、町はコミュニティー維持に向けた拠点とする考えだ。

町が運営する常設のサロンは初めて。

 料理教室健康教室などを催すほか、住民がいつでも交流できる「お茶飲み場」とする。

仮設住宅には集会所があるが、借り上げ住宅に住む避難町民たちから「気兼ねなく集まることができる場所が欲しい」との声が出ていた。

 開所式では鈴木茂副町長が「町民同士、避難者同士、いわき市民たちの交流の懸け橋となることを願う」とあいさつ、関係者がテープカットした。

 施設の住所はいわき市平新田前6の10。

開所時間は平日午前9時30分~午後4時30分。

問い合わせは同サロン(電話0246・38・3236)へ。

ホットヨガ ラバ 予約

日記って、どうなの?

"

600人“重馬場”を疾走 笠松競馬場でマラソン大会 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00010004-gifuweb-l21

 岐阜県羽島郡笠松町若葉町の笠松競馬場で25日、競走馬の走路を駆ける「新春ファミリーマラソン大会」があり、県内外から参加した約600人が力いっぱいにゴールを目指した。

 同町体育協会主催。

小学4年生以下、同5・6年生、中学生、一般の4部門に分かれたメーンの健康マラソンのほか、体験ジョギングや、4人一組で走る特別レース「ありゃま記念」の各種目で覇を競った。

 コースは1周1.1キロで、健康マラソンでは小学生までが1周、中学生以上が2周を走った。

参加者たちはスタート地点から勢いよく駆け出し。

前日の雨でやや湿ったダートコースを競走馬さながらに粘り強く走り、レースを楽しんでいた。









"

個人投資家が語らない10の秘密 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00008283-wsj-bus_all

1.自分たちのやっていることが分かっていない  米国では過去40年の間に確定拠出年金(401k)が従来型の年金に取って代わり、退職金制度の主流になっている。

米社会保障庁によると、このいわゆる確定拠出型年金を利用する労働者の割合は1980年の8%から2008年には約31%に上昇した。

つまり、今や米国人の多くが自分たちの金銭的状況を左右する投資を自分で管理しているようなものだ。

しかも、余った時間で。

 ただ残念なことに、上手に投資するための基本的な金融知識に欠ける米国人が多い。

米金融業規制機構(FINRA)投資家教育基金が米国の成人を対象に実施した12年の調査では、リスクやインフレ、金利、住宅ローンなどの金融に関する基本的な問題の5問中正解は平均2.9にとどまった。

(全問正解したのはほんの14%だった) また、平均的な米国人は金融市場に関するニュースをそれほど注視もしていない。

何が起こっているのか分かっていなければ、適切な投資判断を下すのはさらに難しい。

13年にはS&P500種は30%上昇した。

世論調査会社ギャラップが数カ月後にその年の市場動向について質問したところ、それほど堅調だったことを思い出せたのは7%にすぎず、30%もの人々が横ばいか下落したと答えた。

2.それでも、売買回数が多すぎる  米調査機関ダルバールによると、S&P500種構成銘柄のトータルリターンは過去30年にわたり年率11.1%となった。

それにもかかわらず、米国の株式ファンドに投資する平均的投資家が同じ期間に稼いだリターンは年率3.69%にとどまっていた。

 ファンドに投資する人々はなぜもっと良い成績を出せないのか。

まず、手数料や諸経費がリターンをむしばむことが挙げられる。

ファンド調査会社モーニングスターによると、米国のミューチュアルファンド(投資信託)にかかる手数料率は平均で1.23%。

(株式投信ではやや低く1.21%、最も高いのはオルタナティブ投信の1.92%) 投資家が流行の株式や投信を追い求め、頻繁に売買を繰り返しすぎるという事実も、こうしたパフォーマンスの差が生まれる理由の一つだ。

FINRAの投資家教育部門のシニア・バイス・プレジデント、ゲリ・ウォルシュ氏は「証券を取引するたびに、株を買ったり売ったりするたびに、委託手数料や何らかの販売コストを支払っている。

長期的には、こうしたコストがリターンをむしばむ」と説明する。

 頻繁な売買回数と低いパフォーマンスとの間には相関関係があることが複数の調査で示されている。

取引がアプリを起動してボタンを数回押すだけというほど簡単にできるのであれば、投資家がしっかりとした戦略よりもその場の衝動に流されて売り買いしがちになるというのも問題の一部だ。

3.何にお金を支払っているのか知らない(しかし恐らく払い過ぎている)  AARP(旧全米退職者協会)が実施した11年の調査によると、401k加入者の7割が手数料や費用を払っていることを知らなかった。

金融系サイト「ナードウォレット・ドット・コム」によると、実際、運用・管理費やトレーディングコストなど、401kに関連する28種類以上の手数料がある。

また、ウォレットハブによると、米国人の9割は手数料を「著しく低く見積もっている」が、これが生涯では最大15万ドル(約1800万円)に達する場合もある。

4.自分たちの資産を運用する人を誰でも信用する  ギャラップの調査で、投資家の約75%が資産計画の構築に専門家の助言を求めることが分かった。

では、誰の助言を聞けばいいのか。

ブローカー、アドバイザー、ファイナンシャルプランナーはいずれも異なる資質を持ち、顧客に対しても異なる責任を負っている。

 投資助言提供者の一部は受託者基準に準拠して業務を行っている。

つまり、利益相反の回避や開示、低コスト投資の模索など、顧客にとっての最高の利益を最優先する必要がある。

 証券を売り買いするブローカーが自らをファイナンシャルアドバイザーと呼ぶことは多いが、彼らは別の規定にのっとって活動している。

ブローカーは根本的には販売員で、顧客のリスク特性や年齢、投資目的といった要因を考慮し商品がその顧客にとって「適切」だと判断することが求められているに過ぎない。

投資ブローカーからの推薦には、顧客の利益よりもブローカー自らの利益のためになるより高い手数料やコミッションが伴う可能性もある。

 プロの助言を求める一般投資家は、アドバイザーやブローカーにどのように報酬を受けるのか、また、それが助言にどのような影響を与えるかを問うべきだ。

また、そのアドバイザーの典型的な顧客概要を聞いたり、顧客との関係を明示する契約書を交わしておいたりすることも役に立つ。

5.だまされていても気付かない  米証券取引委員会(SEC)が2013年10月までの1年間にかかわった事例のうち、約4割が個人投資家をだましたことに関するものだった。

こうした事例のうちの多くでは、加害者が非現実的なリターンを約束し、リスクはゼロかゼロに等しいと話していた。

これらは最も典型的な詐欺の兆候だが、投資家の大部分は高リターンの保証に目がくらみ、これに気づかない。

 米国で個人投資家の被害救済に取り組む弁護士集団PIABAの幹部は、投資家はうまい話だと思ったら、販売者の名前と商品の詳細情報を尋ね、各州の証券規制当局にさらなる情報を問い合わせるべきだと話している。

6.年齢を重ねても賢くなるとは限らない  資産運用となると、年配の投資家に特有の不利な点もある。

米国科学アカデミー紀要が行った13年の調査によると、65歳以上では健康な人でさえ投資判断に影響を与える「認知機能の著しく衰え」が生じる。

この調査では、年齢のいった人のほうが、若者や中年層よりリスクの高い(そしてまずい)選択をしがちなことも明らかになった。

 さらに、FINRAの調査によると、40代の投資家と比較して、もっと年齢が上の投資家のほうが金融詐欺に引っかかって資金を失う確率が34%高い。

7.恐怖心が強すぎてもっと投資できない  2014年にはダウ平均が7.5%高、S&P500種が11.4%上昇するなど、何度も過去最高値を更新した。

ただ、その恩恵を共有できた米国の個人投資家はそれほど多くない。

ギャラップのデータによると、昨年、株式を保有していた米国の成人の割合は54%にすぎなかった。

ITバブルが崩壊した00年は過去最高の67%に達していた。

 00年以降2回の株式相場暴落で痛手を負った多くの投資家にとって、「恐れ」という要因がある。

SECで投資家教育事業を率いるロリ・ショック氏は、前回の金融危機で投資家の多くは保有株を投げ売りしてしまい、「その後の4年間の強気相場を逃した」と指摘する。

 最近の強気相場にかかわらず、ギャラップの調査で投資家の8割以上が投資に臆病になっていると回答した。

さらに、もし1万ドルもらえれば現金で保有すると答えた回答者が約36%に達した。

投資に回すと答えたのは41%だった。

8.年金の取り崩しが早すぎる  早期に年金基金を取り崩すと、税制面で不利になるばかりか複利の恩恵も逃すことになる。

ただ、ギャラップの調査によると、過去5年間にある時点で時期尚早に401kプランに手をつけた投資家の割合は21%に上った。

調査対象となった退職前の投資家のうち、401kプランをもとにローンを組んだと答えた割合は約16%、同プランから早期に資金を引き出したのが9%に上った。

(この両方を行った人々もいた) 目先の必要性を満たすため、とっさに長期の預金口座を取り崩す人もいる。

人事コンサルティング会社エーオンヒューイットによると、確定拠出型プラン加入者のうち負債残高が貯蓄残高を上回る人の割合は、05年の22.4%から10年には過去最高となる27.6%に達し、自分たちの401k口座から資金を引き出した人の割合は09年だけで過去最高の7.1%だった。

9.投資を高校の人気コンテストかのごとく扱っている  金融メディアやソーシャルメディア、オンラインフォーラムのおかげで、投資家がポートフォリオのアイデアを共有しやすくなった。

ただ、研究者の多くは、同僚や隣人がどのような取引をしているかに基づいて売り買いの判断をしがちになり、こうした透明性が投資における群集心理を助長していると考えている。

例えば、研究者らは08年に、同じコミュニティーに住む投資家がほぼ同じタイミングで株式を買い増していることを知った。

また、11年には別の調査で、401kプランの選択に同僚が影響を与えていることも明らかになった。

 問題は群集心理が、低い投資リターンにつながりかねないことだ。

米サンタクララ大学で投資家行動を研究するメイア・スタットマン教授は「よく分かっていない人が他の人を導く状況がある」と指摘する。

10.資金をもっと上手に守る方法がある  合法的に行った投資の資産価値が低下して損失につながれば、ほとんどの投資家は歯を食いしばって耐えるしかない――これは投資リスクの一つだ。

しかし、だまされたと感じた投資家は無力ではない。

証券法に違反した不正直なブローカーや詐欺師にだまされた人は、少なくとも損失の一部を取り戻す、あるいは規制当局に苦情を申し立てることも可能だ。

 FINRAがブローカーに対する苦情を受け付けているほか、投資家はSECや州の規制当局に投資アドバイザーに関する問題を訴えることができる。

また、ブローカーディーラーが倒産した場合は、米証券投資家保護公社が、保有していた証券や現金を投資家が取り戻すために支援することになる。

超濃厚オールインワン美容液ルーチェ

私と日記

『エクスケーブ ~運命の夢幻塔編~』 やり込み系ダンジョン探索型アクションゲームがニンテンドー3DS用DLソフトとして1月28日配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000004-famitsu-game

●早くもシリーズ第3弾 甲南電機製作所は、ニンテンドー3DS用ダウンロードソフトとして、『エクスケーブ ~運命の夢幻塔編~』を2015年1月28日に配信する。

価格は500円[税込]。

 本作は、2013年11月に配信されたダンジョン探索型アクションゲーム『エクスケーブ』シリーズの第3弾となる。

『エスケープ』シリーズは、「限られたアイテム枠の中で何を必要とするのか」、「いつでも脱出可能なダンジョンでどこまで自分を信じて進めるか」など、つねにプレイヤーの判断が試されるやり込み系思考型ゲーム。

最新作では、主人公スカーレットを操作し、大量の敵と戦いながら突如出現した塔の高みを目指していくこととなる。

塔の内部は、プレイするたびに変化する自動生成マップを採用。

またインターネットランキングに対応したモードも用意され、全国のプレイヤーと競い合うこともできる。

◆スカーレット(CV:笹本菜津枝) 美しさと強さを兼ね備えた冒険者。

スカーレットのボイスには笹本菜津枝さんを起用。

凛々しく、時にかわいい声が冒険を盛り上げます。

 またスカーレットの動きにキャラスマイル(TM)の技術を採用。

滑らかなアニメーションは必?です。

◆未開の森に出現した謎の塔に挑め! 本作には、未開の森に出現した塔へ挑んでいくモードのほか、果てしなき塔へと挑んでいく“夢幻塔モード”が用意されている。

また塔内のマップは、自動生成マップと固定マップを融合した独自のマップ生成システムを採用しており、プレイするたびにまったく異なる展開が楽しめる。

 “夢幻塔”は、未開の森に出現した塔をすべてクリアーすると出現する。

何階まであるのかうかがい知れない“夢幻塔”の攻略に必要なものは、“運”そして運を生かすための“技術”と“知識”! 経験のすべててをぶつけ、限界にチャレンジしてみよう。

◆“称号”とアイテム “初めての敵やっつけ”(敵を倒す)や“回復の喜び”(HPを回復する)など、無幻塔内で一定の行動を取ることで称号が得られる。

称号は全部で144種類。

また、称号を獲得することでアイテムが取得でき、夢幻塔出発前に塔内に存在する8つの特殊な宝箱の中に設置可能。

称号アイテムは、武器や薬などさまざまなものを用意。

このアイテムをうまく利用することで探索を有利に進めることができる。

 また、塔から帰還したときに表示される短評には、帰還理由や力尽きた原因が記載される。

前回の原因を確認して、つぎの攻略に役立てよう。

◆インターネットランキング 塔から帰還すると、すべてのアイテムが換金され、得点となる。

通常は得点によってランクが表示されるのみだが、“無幻塔”で得た得点の場合は、インターネットを通して全国ランキングに表示させることができるのだ。

またランキングでは、各プレイヤーの獲得金額のほか、到達階数、力尽きた原因、塔に配置したアイテムなどの情報も確認できる。

 塔の高みを極め、全国1位を目指そう!◆セーブデータ引継ぎ特典 ニンテンドー3DSの本体に『エクスケーブ ~異界の魔導師編~』のセーブデータがある場合、夢幻塔モードをすぐ楽しむことができたり、セーブデータの内容によって称号の一部が特別なものへと変化する。

また、初代『エクスケーブ』のセーブデータがある場合も、称号のひとつが特別なものに変化する。

エクスケーブ ~運命の夢幻塔編~メーカー:甲南電機製作所対応機種:ニンテンドー3DS発売日:2015年1月28日配信予定価格:500円[税込]ジャンル:ダンジョン探索型アクション









"

伝説の格ゲー「エアガイツ」の世界大会(17年ぶり2回目)が開催! 全国から猛者集結 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000012-it_nlab-sci

 1998年、クラウドやティファなど「ファイナルファンタジーVII」(スクウェア・エニックス)のキャラクターたちが登場する格闘ゲームがあるという触れ込みで話題になった3D格闘ゲームがある。

それが、“早すぎた格闘ゲーム”として語り継がれている「エアガイツ」(開発はドリームファクトリー)だ。

ガードしながらの移動や上中下段の攻撃、フィールド内を縦横無尽に駆け回れる自由度の高さ、ステージの段差や障害物を利用した攻防、インタラプトという独特のカウンターアクションなど、2Dが主流だった当時の格闘ゲーム界にとって斬新すぎるゲームシステムが一部コアユーザーの心をがっちりとつかんだ。

そんな知る人ぞ知るタイトルの第2次世界大会が1月11日、新宿・ネイキッドロフトで17年ぶりに開催された。

【緊張感漂う決勝戦】 全国(といっても国内)から40人の新旧プレイヤーが集まり、熱い戦いを繰り広げた。

主催は最大5セット(10台)のエアガイツを稼働させる「高田馬場ゲームセンターミカド」で、同店のイケダミノロック店長が実況を行い、国内最大級の格闘ゲーム大会「闘劇」の司会も務める郡正夫さんが司会を務めた。

世界大会なのに日本人しかいないんですけど! などというやぼなツッコミを吹き飛ばすほどの熱気に包まれ、Ustream中継の同時接続者数は900人を突破。

決勝戦では1000人を超えたという声が聞こえるほど、ゲーマーたちの熱いまなざしが注がれていたのだ。

 いつの間にか世間から姿を消したゲームの世界大会がなぜ今開催されたのか? エアガイツ人気再燃の裏にあるものとは? と、気になることも多いが、その裏話は記事後半でたっぷりと紹介したい。

記事前半では、激戦の様子と結果を余すことなくお伝えしよう。

●全国(国内)の猛者による新旧バトル勃発 大会は3本先取で勝ち抜けのトーナメント形式で、優勝者1人を決める。

優勝賞品などは特になく、ただただ圧倒的な名誉が手に入るのみ。

関東、関西だけでなく、仙台、名古屋などからもエアガイツァーが駆けつけた。

エアガイツはキャラクターとステージ選択がかなり重要になってくるのだが、参加者の4分の1が“強キャラ”のティファを選択。

優勝候補の「東のエアガイツ仮面」もティファを選んでいた。

 エアガイツ仮面とは、「エアガイツがちょっと好きな人たち」なら誰でも名乗れる名前らしく、他にもエアガイツ仮面を名乗っている人が何人かいた。

よくよく聞いてみると、「エアガイツ仮面(悪)」「西のエアガイツ仮面」など、表現が微妙に異なる。

さらに突っ込んで聞いてみると、東のエアガイツ仮面は東京、西の仮面は大阪、北の仮面は京都、南の仮面は兵庫を所在地としているとかいないとか。

ツッコミどころが多くて追いつかない読者諸氏のために、早速大会レポートに入っていきたい。

 実は筆者もミカドでエアガイツに再会した“古参エアガイツァー”で、プレイヤーとして本大会に参戦。

くじで決まった対戦カードでは、開幕戦を担当することになった。

最終ラウンドまでもつれ込むも、最後は防御がおろそかになり残念ながら1回戦敗退。

これが世界か……。

 大会に向けて各プレイヤーはミカドや他のゲームセンターで練習を積み重ねており、大会中も心理的な読みあいや、慎重な試合運び様子が目立った。

特に関西勢同士がぶつかるカードが多く、お互いの手の内を知り尽くしているからこその高度な読みあいが繰り広げられた。

 トーナメント後半になると、レベルの高いプレイヤーが会場を沸かせる妙技を連発。

初心者には難しいインタラプトを要所で確実に決めるのはもちろん、タイミングが非常にシビアな投げ抜けを5回も6回も連続で行うなどの超人的なテクニックなどを披露した。

エアガイツをプレイしたことがない人が見ると、「こんなにポンポン決まるんなら、投げ抜けも簡単なんだろうな」と思うかもしれないが、それは間違いだ。

少なくとも「やってみよう」でできるレベルではない。

 決勝まで勝ち残ったのは、優勝候補の東のエアガイツ仮面と、関西最強の刺客エアさん。

お互い切磋琢磨(せっさたくま)してきた仲で、どちらもキャラクターはティファを選択。

プレイスタイルだけでなく、キャラクターの特徴や弱点も知り尽くした上での頂上決戦となった。

最終戦はステージ特性を生かすといったごまかしが全く効かないオーソドックスなドームステージ。

両者の実力がそのままぶつかり合うことになる。

 間合いをうかがいながらのけん制が続き、一瞬の隙を突いてヒット&アウェーを繰り返す手に汗握る展開が繰り広げられる。

決勝戦にふさわしいレベルの高い攻防戦に会場のボルテージも高まっていく。

要所で体力ゲージを大幅に削る投げ技を確実に決めていったエアガイツ仮面が、世界一の座に輝いた。

●「エアガイツ仮面」が誕生した理由 これまでミカドや関西のゲーセンで開かれたエアガイツの大会で何度か優勝を経験していた彼は、「妥協も、敗北も、後悔もしない」というコメント共に並々ならぬ思いとプレッシャーで本大会に臨んでいた。

彼が試合の度にお守りのように筐体の上に置いていたのは、師匠と仰ぐ立川ゲームオスロー第5店の店長から託された「EHRGEIZ」のロゴ入りの「G-SHOCK」。

 実はこの特製G-SHOCKは、第1回エアガイツ世界大会で3位入賞者のみに配られた世界に3つしかない時計で、オスローの店長はエアガイツ日本一・世界大会3位の経歴を持つ「最強のエアガイツァー」なのだ。

大会当日も、他のプレイヤーがミカドで最終調整をする中、エアガイツ仮面は1人立川に向かった。

彼の“卒業試験”のために店長が特別にエアガイツを店内に設置したのだ。

試合当日は電車が止まっており、なかなか会場に姿を見せなかったエアガイツ仮面。

図らずとも佐々木小次郎のようにふらりと出現し、そのまま優勝をかっさらっていったのである。

 第2次世界大会は、「お前ら! 全員エアガイツをやるのだー!!」という彼の名ゼリフ(?)と共に幕を閉じた。

 試合終了直後のエアガイツ仮面に話を聞くと、開口一番「いろんな人の情熱に動かされてここまでこれた」と感謝の意を述べた。

師匠であるオスローの店長に教えられ、エアガイツに出会ったのは2000年。

格闘ゲームの腕には自信があったが、日本チャンプの店長には全く歯が立たず、大きなショックを受けたという。

 その後彼は就職し、しばらくゲームセンターから遠ざかっていたが、あ~る・滝さんがエアガイツの定例対戦会を始めた2012年にミカドを来訪。

当時の現役プレイヤーたちに感化を受け、またそのゲームが放つ魅力に引き込まれていった。

そして、滝さんたちのひたむきな活動に影響を受け、「エアガイツ仮面」を名乗って普及活動を開始することを決意する。

エアガイツのためなら全国どこへでも駆けつける彼は、エアガイツを「本当の3D格闘ゲーム」と語る。

ほとんどの3D格闘ゲームは、奥や手前に動ける横移動はあるが、あくまで軸に沿った動きになっており、エアガイツのように360度縦横無尽に走り回ったり飛び回ったりすることはできないものが多い。

操作の自由度に無限の可能性を感じられるところがエアガイツの魅力なのだ。

 ここで、エアガイツ仮面に気になっていた疑問をぶつけてみた。

今回あえてティファを選択した理由だ。

というのも、彼はあらゆるキャラクターを自在に操ることができるほか、テコンドーを武器とする韓大韓というキャラクターを頻繁に使っていた記憶があったからだ。

 彼は「全キャラクターのダイアグラムを独自で作り、その中で相対的にティファが強いと判断しました。

世界一になるために、一切妥協も後悔もしたくなかったので」と答えた。

彼のストイックさはこれにとどまらない。

全てのキャラクターの技や特徴、弱点、キャラクター同士の相性、ステージの特徴やキャラクターとの相性といったあらゆる要素を徹底的に研究し、世界大会に出場しないプレイヤーと検証を重ねた。

世界大会に出場するプレイヤーたちと野試合をする時にティファを使わなかったことについては「ティファを使っていないけど、ティファを使っての立ち回りをイメージしながら対戦していました」と常人では理解しがたい一言を放つ。

超人離れしたゲームセンスと徹底した研究、そして絶え間なく努力を重ねるストイックさの全てが掛け合わさり、最強の男は取るべくして優勝を勝ち取ったのだ。

 うわさによると、かつては闘劇出場経験もある、伝説的な「鉄拳」(バンダイナムコゲームス)プレイヤーだったとか、そうじゃないとか。

他の格闘ゲームイベントでも優勝をかっさらう彼の快挙はこれからも続くだろう。

●「参加費ゼロ、参加者ゼロ」からのスタート 約1000人が中継を視聴するなど、大盛況で幕を閉じたエアガイツ第2次世界大会。

長年日陰者として扱われてきたこのゲームが17年ぶりに注目を浴びた理由には、エアガイツを愛してやまない、あ~る・滝さんの存在がある。

現在ミカドで月1回のエアガイツ対戦会を主催している人物だ。

なぜ対戦会を開催しようと思ったのか。

エアガイツに対する異常なまでの情熱の理由と合わせて話を聞いた。

 滝さんは、1999年に渋谷で初めてエアガイツに触れた。

「新しいゲームは慣れるまでやってみる」という主義で、斬新なゲームシステムを取り入れたエアガイツをすぐに気に入ったという。

しかし、鉄拳がブームになる一方で、エアガイツが日の目を見ることはなく、対戦相手がいないまま新宿や代々木のゲームセンターをふらふらとさまよっていた。

 ここまでプレイヤーが少ないとゲーセンからエアガイツが消えるのも時間の問題だと察した滝さんは「何かあった時のために」とエアガイツの基板を購入。

数万円はするものだが、滝さんは特にちゅうちょすることもなかった。

 その後、自宅を中心にほそぼそとエアガイツをプレイしていた滝さんがミカドで対戦会を開こうと思ったきっかけは、主に2つある。

 1つは、2011年3月11日に発生した東日本大震災だ。

毎日続いていた日常が脅かされる出来事が起き、「自分に残せるものは何だろう」と真剣に考えた結果、それはエアガイツだという結論になった。

そして翌年の2012年3月、大阪で西のエアガイツ仮面がエアガイツの対戦会を開催したことを聞きつけ、自分も実際に行動を起こすことを決めた。

しかし、対戦会での人集めは予想以上に難航することになる。

 まず滝さんは、2012年頃から通い始めたミカドで対戦会を始めたいと思い、ミカドスタッフに相談。

長年自宅の片隅で温めてきた基板を持ち込み、自腹を切ってエアガイツの筐体1セット(2台)を無料でプレイできるように設置してもらった。

しかし、当時世間の人気を得られないまま人知れず姿を消していったタイトルだけあって、玄人客ぞろいのミカドですら誰もプレイしてくれない。

若い人は、そもそもエアガイツを知らない人だっているだろう。

時折立ち止まってくれる人はいたが、「あ、これFFのキャラクターが出てたやつじゃない?」「何でこんなマイナーなゲームがあるんだ?」などの声がむなしく響き、対戦台の前に座ってくれることはなかった。

 しかも、当初の対戦会は満足に告知もデキておらず、無料プレイである旨も、どこにも記載されていない。

何も知らない人が見ると当然無料プレイかどうかなど分からないし、ましてや今目の前で主催者による1人対戦会が開催されているとはつゆほども思わないだろう。

案の定、初回の対戦会の相手はCPU(コンピューター)のみで、「参加費ゼロ、参加者ゼロ」からのスタートとなった。

 しかし、滝さんの心は折れない。

第2回の対戦会では、かつてエアガイツをプレイしていた古参プレイヤー2人が参戦。

その後、東のエアガイツ仮面が彗星(すいせい)のごとく現れ、「これはすごいプレイヤーが来た」と衝撃を受けたという。

めげずに月1ペースで続けた対戦会は徐々に規模を大きくし、3年を経て約20人にまでエアガイツァーが増加。

新旧のプレイヤーが入り交じって親交を深めた。

 その後、ミカドで30人以上が参加する大規模な大会が実施されたり、大会前には5セット(10台)の筐体が稼働したりと異例の事態が次々と巻き起こった。

ここまでエアガイツが盛り上がっているのは全世界を見渡しても高田馬場だけだろう。

 先述のように、筆者もこの対戦会でエアガイツに再会した“出戻り組”の1人。

滝さん、東のエアガイツ仮面、悪のエアガイツ仮面(MOPさん)といった強豪プレイヤーに基本操作や立ち回りを教えてもらい、再びエアガイツの魅力に引き込まれていくこととなった。

プレイ中感じた疑問についてその場で的確な答えをくれるだけでなく、自作した基本操作やコマンド方法をプリントアウトして参加者に配るなど、とにかくエアガイツを好きになってほしい一心でエアガイツァーたちが懇切丁寧に指導してくれるのだ。

 自腹でフリープレイの対戦会を主催する思い切りのよさや、ダッシャー猪場というプロレスラーを操るということから、滝さんを「豪快な大男」とイメージする人がいるかもしれないが、実際は非常に腰が低く、温厚な性格の持ち主。

第2次世界大会を実現させた功労者であるにもかかわらず、「あまり表舞台に出るのは好きではないので、東のエアガイツ仮面など、プレイヤーをフィーチャーしてほしい」と語る。

そんな滝さんに対するエアガイツァーの信頼は厚い。

大会当日に誰もが滝さんへ感謝の意を述べていたことからもその人望の厚さがうかがえた。

今後の野望を聞くと、「今後もほそぼそと対戦会を続けていきますので、興味があればぜひ参加してください」とあくまで控えめだった。

●マニアに地域、時代を超えて愛されるエアガイツ エアガイツ熱に包まれているのは、関東だけではない。

関西では西のエアガイツ仮面が大阪のゲームセンター・コーハツにて対戦会を実施している。

ミカドでの対戦会と同じく、2012年頃は参加者が数人しかいなかったが、2014年には20人近くまで増加。

古参エアガイツァーの参戦もあり、アーケードゲーム好きが集まってきたのだという。

今後も週1ペースでの対戦会を継続していくということだ。

今回の大会でも関西勢が満を持して上京し、関東勢に負けず劣らずの戦いっぷりを見せた。

 大会参加者には、1998年に開催された第1回世界大会に参加した古参プレイヤーも数人いた。

当時18歳だったマサシロウさんは、大会参加のために北海道から上京した思い出を振り返る。

第1回大会参加者のみに配布されたポストカードを持参してきたマサシロウさんは、「1998年当時は格闘ゲーム業界の中でも、新しいものを作ろうという流れがあり、独特のゲームシステムを持つエアガイツはその最先端でした」とその魅力を語ってくれた。

●リアルな“場”としてのゲームセンター それでは、かつてエアガイツァーだった人や、今回初めてエアガイツを知ったという人たちは、どこでそれを楽しむことができるのだろうか。

現在、エアガイツはミカドや立川ゲームオスローを始め、北は北海道、南は沖縄まで、全国10以上の店舗で稼働が確認されている。

詳細は、西のエアガイツ仮面がエアガイツ関連情報をまとめているWebサイト「エアガイツWiki」を参照してほしい。

 対応するプレイステーションの家庭用機器を持っていれば、「ゲームアーカイブス」からダウンロードプレイすることも可能だが、ぜひゲーセンに足を運ぶことをおすすめする。

猛者たちの妙技を目の当たりにできるほか、ゲームセンターという場が持つ独特の空気感を堪能できるからだ。

最近ではスマートフォンでのソーシャルゲームを始め、家庭用ゲームでもオンライン対戦や協力プレイが可能となり、「みんなで同じ場所に集まってわいわいゲームをする」という体験をする機会が減った。

もちろん、同じ場にいなければ「今のプレイはああだこうだ」とダメだしをされることもなければ、突然「お前ら! エアガイツをやるのだ!!」などと指をさされる心配もないだろう。

 ビデオゲームを中心に展開するゲーセンは経営難から年々その数を減らしているが、1月11日の新宿での盛り上がりはそんな暗い話題を吹き飛ばすような熱気を帯びていた。

「オンラインだけでは味わえないリアルな場での体験」はユーザーにとっても、イベント開催する店舗にとってもますます重要なものになっていくだろう。

 東のエアガイツ仮面いわく、「エアガイツを遊んでみたいと思ったら、お近くのエアガイツ仮面までご相談ください」ということだ。

彼の強さをぜひその目で確かめてみてほしい。

石井隆之 GIVE理論

どのような日記が欲しいか

"

グッドルーム、仲介手数料無料の賃貸部屋探しモニターを募集 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-00076414-suumoj-life

東京大阪名古屋のリノベーション・デザイナーズ賃貸紹介サイト「グッドルーム」を運営するグッドルーム(株)(東京都渋谷区)は、2015年1月13日(火)より、東京で仲介手数料無料の賃貸部屋探しモニターの募集を開始した。

『住まいにこだわりを持ったユーザーにとって、部屋探しは、特別なわくわくするイベントであってほしい。

ユーザーが本当に求めている住まいとはどんなものかを一緒に考えていきたい。

』との想いから、今回、同社スタッフが内覧に同行し、部屋へのこだわりや部屋探しの楽しさを共に発信してくれるモニターを募集する。

モニターの方には、部屋探しの様子、引越し後の様子をインテリア写真共有アプリ「RoomClip」、その他ブログ、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアで発信してもらう。

モニター協力した方には、部屋が決まった際、同社仲介手数料が「無料」となるなどの特典も用意されている。

応募条件には、『都内近郊在住で、グッドルーム渋谷店に来店可能であること』『現在、賃貸での部屋探し中で、実際に引越し可能であること』などがある。

募集組は3組を予定。

応募締切は2015年2月9日(月)。

■モニター募集サイトhttp://www.goodrooms.jp/wp/?p=5332ニュースリンク先http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000010439.html









"

京都 引越し 見積もり

私と日記

"

『ジョジョ』フェイスパックに!「石仮面」&「スタープラチナ」2種類発売決定 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150115-00034740-crankinn-ent

 累計約36万個を売り上げている一心堂本舗“フェイスパックシリーズ”の第7弾として、人気TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』を描いた『JOJOフェイスパック』が発売される。

発売されるデザインは「石仮面」と「スタープラチナ」の2種類だ。

【関連】気になるデザイン『JOJOフェイスパック』フォトギャラリー ”フェイスパックシリーズ”は、『「日本を代表する顔」を世界に紹介するブランド』をコンセプトに、『歌舞伎フェイスパック』『動物フェイスパック』、『劇団四季キャッツフェイスパック』、『山本寛斎プロデュース ファッションフェイスパック』など、ユニークな商品を展開している。

 本商品は、現在放送中のTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』とコラボレーションし誕生したフェイスパック。

顔に被ると吸血鬼になり永遠の若さを手に入れられる「石仮面」、主人公である空条承太郎のスタンド「スタープラチナ」をフェイスパックにした。

 マスクシートを浸している美容液には、ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンC誘導体の3つの美容成分と、古代より集中力を高めて精神を高揚させるといわれ、多くの儀式に使われていたローズマリーも配合。

「石仮面」が与える永遠の若さと、「スタープラチナ」がもたらす超人的なパワーを作品のイメージをそのままに再現している。

 『ジョジョの奇妙な冒険』は、累計発行部数9000 万部を超える大ヒット漫画作品。

2013年度の第17回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門にて『ジョジョリオン―ジョジョの奇妙な冒険 Part8―』は大賞を受賞した。

個性的な表現方法で仲間たちとの絆・強敵との死闘などを描き、作品独特の世界観を築き上げた。

 『JOJOフェイスパック』は2014年1月30日発売。

価格は900円(税込)/2枚入り













"

韓国に残る日本式木造連立住宅の特異な再生 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150115-00019328-hankyoreh-kr

 洋装店、古本屋、不動産紹介所、美容室、雑貨屋…。

業種を示すショーウィンドーの横に出入り口がある。

ドアを開ければチリンという鐘の音とともに陳列台や作業場があり、その後にある小さな窓がついた障子が開いて主人が現れる。

 仁川市中区新浦路(シンポロ)31番通り38番地。

中区庁から300メートル離れた閑静な住宅街に「関東ギャラリー」が30日に開館する。

住居を兼ねていたために、再開発と共に消えていくよくある路地裏商圏の店がギャラリーとして復活したように見える。

金属板で覆われた外見とは異なり、ドアを開けると木の柱が目に入り、木造住宅であることがわかる。

展示場の左についている狭い階段で2階に上がれば、丸見えの大黒柱の下に屋根裏部屋を含む複層の空間が広がっている。

丸太の梁と垂木から漂う歳月の臭いがする。

 「遅くとも1930年代初めに建てられた都市型連立住宅です。

日帝強制占領期間の建物だろうと予想はしていたけど、今では日本でも珍しい木造連立住宅だとは思いませんでした」。

2013年末にこの建物を購入したというリュ・ウンギュ(写真家)・戸田郁子(強制占領期歴史研究者)夫妻は、7カ月に及ぶ大々的な工事を終えた。

建ててから90年近く経った古い建物を壊さなかったことも、日本人建築学者の考証と諮問を受けて文化財修理の資格証を持つ韓国人大工の匠の手を借りて再生した点も特異だ。

強制占領期間の近代文化財補修作業に専門家の参加を義務付けていない現実とも対比される。

 「前面がタイル セメント壁なので古い洋館のように見えました。

でも、道路に面した側が狭い長方形構造である点、狭い廊下に三部屋が並んでいるのは典型的な日本式でした」。

リュ氏は漢陽大学建築学科の冨井正憲客員教授に助けを乞い、そのことが補修ではなく再生作業の始まりになった。

冨井教授は1930年代の明洞(ミョンドン)、忠武路(チュンムロ)一帯の日本人街を再現する作業を進め、石窟庵(ソクラム)の柱のないドーム構造を応用した韓国式家屋を設計・施工したことのある建築家であり建築史学者だ。

東大の建築学博士で日本で100戸以上の住宅を設計し、2008年から2012年まで漢陽大学建築学科教授を務めた。

そこへソヨ建築のイ・キフン韓屋チーム長が合流した。

 下部が腐った柱の横に新しい柱を立てて、沈んだ屋根を持ち上げる一方、実測と考証作業が行われ、家屋の正体が明らかになった。

壁を共有して並んだ5世帯の隣家が同じ構造であり、大黒柱が連結されていることが確認され、木造連立住宅であることが明らかになった。

ハングル建物台帳には1939年に新築されたとなっているが、該当建物の姿がはっきり出ている1930年代初めの仁川府実態調査地図を捜し出し、建物の年齢は80歳に上がった。

ところが、階段工事を行う過程で隠れていた梁が露出し、梁を覆っていた紙が大正13年(1924年) 1月19日付『京城日報』であることが確認され、さらに10年年齢を上げることになった。

 「旧洞名が官洞だった点や使われた木材が堅牢なことから、日本領事館の場所に仁川府庁舎を作った1933年頃に同時に作られた官舎だと思われます。

柱の間の距離を測定してみると、関西地方出身の大工が作業したに違いありません。

畳の大きさが東京とは違います。

近隣にあった長崎十八銀行、大阪五十八銀行と共に、その地方の大工も流入してきたものと推定します」 戸田氏は「この家屋が日本式であることは明らかだけど、丈夫な屋根、厚い壁など韓国化した姿を見せている」と話し「今回の再生過程でも韓国人大工との協業で韓国式が加味された」と話した。

 関東ギャラリーはリュ教授の中国内朝鮮族に関連した写真アーカイブを主に展示し、地域作家の展示空間としても使われる予定だ。

来る30日に開かれる最初の展示は今回の再生作業を記録した「仁川日本式住宅再生プロジェクト」だ。

冨井教授の「海を渡った日本式住宅」という論文も発表される。

仁川/イム・チョンオブ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

キャシーズチョイス お試し

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。