So-net無料ブログ作成

このことは理解しておくべきですね。

キャッシングの調査で何よりも診断されるのは「支払う力」なのです。

「定期的で長期に渡る年収があるのか」それこそが要点となります。

解雇されて年収ゼロ円の方が審査を通過することはありえないわけですが、理由があって企業を休職中のときの審査についても触れておきます。

基本的に、休職中だと審査を抜けるパーセンテージは下降するものです。

復職の計画が無い人は困難と覚悟してください。

ただし、給料はもらえている、副業所得が期待できる、夫あるいは妻も仕事をしているなどのように、状況次第ですが審査をパスする確率はゼロではありません。

休職中だとしても審査をクリアする参考例としては休職した後も給料が支給されているときは消費者金融業者の審査をクリアする希望も持てます。

減給のケースも同じように処理されます。

注意ですが申請の始めに隠さずに「休職状態なこと」を告白するべきです。

恥ずかしがって隠すのは回避したほうが賢明です。

なぜならば、審査の際は確実に在籍チェックがされることになるからです。

電話確認は、貸金業者の担当部署が仕事場にコールをして、書類通りに勤務しているか判定するプロセスです。

その流れの中で休職中であるという真実が知られる確率は低くないと推測できます。

隠していても後になって気づかれる場合、大幅に信用されなくなります。

企業から払われるお給料とは別口で副業の収入を持つ際は、その事実を伝えれば審査を抜けることもあります。

しかし、所得を証明する書類、確定申告書など証拠になりうる書類の添付が半強制となります。

当たり前ですが、証明書類で示せない年所得はどれだけ数が大きい場合もNGは避けられません。

例を出すと賭け事で増やしたなどの臨時収入は対象外です。





tck70p-w 最安値
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。